ホームインスペクションとは 

 ホームインスペクションとは、住宅の主として建物部分を対象とする健康診断といわれてます。
具体的には、中古住宅について行う状況調査をいい、不動産の専門家である私達が建物について
検査して、建物に経年や損耗による瑕疵がないかどうか、また瑕疵がある場合には必要な補修等
の内容や時期までアドバイスいたします。

ホームインスペクションは、次のようなときにご活用いただけます。

・住宅購入時の購入判断のため
・リフォーム・補修を行う際の判断のため
・ご自宅の定期的な点検のため

当社では以下の4作業を1セットとして、料金5万円(東京・神奈川)でサービスをご提供させていただいてます。
また当社で仲介をご利用される場合には、安心のために無料でホームインスペクションをサービスいたします。

1.建物の傾斜測定



 レーザー測定器による建物の傾き調査を行います。
雨漏りと並んで、建物にとって重要な項目は、構造的な問題です。
どれだけ外観や室内の見た目が良くても、構造に問題があれば使用できる残存耐用年数は短くなり、
震災時には凶器となって生命に危険を及ぼすことすらあります。
94e0d519-6d4f-47c9-b90e-e11e539c79e3.jpg
 この構造上の問題は見ただけでは判断がむずかしく、一度建ってしまった建物については
柱や基礎などがほとんど見えないため、プロであっても構造を完全にチェックすることはできませんが、
レーザー測定器により建物各部の水平・垂直・傾斜・ひずみを測定し、
特定のポイントをいくつか確認することで、ある程度ですが構造上の問題があるかどうかを判断します。


ご依頼・お問い合わせはこちら



2.サーモグラフィカメラによる雨漏り調査



 天井裏や屋根裏も、建物診断において重要なポイントとなります。点検口からの目視をベースに点検します。
屋根裏に水染み跡ががある場合に、その原因が構造上のものかどうかは専門家の判断が必要です。
さらに、断熱材が途切れているかどうかについても調べます。
 断熱材が途切れている場合には結露の原因となるため、補修をおすすめします。

 また、目視では見えない壁の裏側にある雨漏りの形跡については、サーモグラフィカメラによりチェックします。
中古住宅の購入時にもっとも心配なのは、雨漏りの有無と構造上の問題の2つといえます。
 雨漏りは侵入個所の特定が難しく、一度雨漏りすると、構造体が腐朽してしまい白アリの誘因にもなります。
そのため、住宅において雨漏りしない事がとても重要なポイントといえます。
climate-control-cielings-main-image.jpg
 私どもでは、サーモグラフィカメラや含水率計による非破壊検査によって、目では見えない壁や
天井の裏側にある雨漏りの有無をチェックします。
 このカメラは、壁や天井などの表面の温度差を色で表示することができるので、
壁の中や屋根裏に水がある場合には、その温度差を見分けることができます。

 ですので、見た目上はまったく問題が無いように見えても、壁の内側に水が入っているかどうかを
高い精度で判断することができます。


ご依頼・お問い合わせはこちら



3.床下診断



 建物診断において、床下から得る情報はとても大切です。基礎を内側から見て、土台と床組を
見ることにより、木が腐食したり、カビているところはないか、シロアリ被害はないかを点検します。
 主に点検口からの目視により診断し、床下の土台や床束の含水率を測定し、環境を予測します。
 私たちは、インスペクションによって床材を剥ぐわけにはいきませんが、建物にとって
床下の情報は建物全体の状態を知るために重要なものです。
水分計.jpg
 もしその建物に床下点検口がない場合には、今までいっさい床下の点検をしてこなかった
という証拠でもあり、問題を抱えてる可能性も高いと判断されるため、子の場合にはできるだけ
床下点検口の設置をお勧めします。


4.建物と敷地の適合調査



 いくら建物自体がすばらしいとしても、建物と敷地がその地域にふさわしい建物として適応していなかったり、
住宅が賑やかな商店街や交通量の多い道路沿いに存するなど建物が周辺環境と適合していない場合には、
その建物の市場価値は低くなってしまいます。

 建物単独としてのホームインスペクションでは把握しきれない土地建物一体としての市場性減価を、
不動産の専門家である不動産鑑定士ならではの目線から、適切に判断し報告いたします。

ご依頼・お問い合わせはこちら